読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

復活パターンをさがしています

30代半ばで盛大に人生に躓いた北陸在住の個人事業主が、人生の復活パターンを求めて彷徨うブログ。

【新年一発目】2017年の最重要目標を3つ書く。書いた以上は達成せねばならぬ。

目標 クイズ 婚活・出会い

 松の内も過ぎてしまいましたが、明けましておめでとうございます。ユークレイル・エイト代表の藤田です。今、旅先のマックでこの記事を仕上げています。


 「せっかくの旅なんだからマックよりもその土地のもの食えよ」と言われそうですが、私の旅行はここ20年近く、青春18きっぷ利用での貧乏旅行なので贅沢言ってられません。このあと泊まる宿も格安のネットカフェです。夏場は野宿もザラです。これが36才になった私の旅の基本。


 どこへ行ったかは後日レポートするとして、今回は年も明けたことですし、18きっぷで列車移動している13時間で考えた、今年・2017年に達成したい目標をつらつらと書いていくことにします。頭脳王の解説を期待した皆様、ごめんなさい。あれも1月中には完結させるからね。


目標1:「クイズづくり」を、本気で仕事にする。

 昨年末、部活系競技クイズ漫画「ナナマル サンバツ」のアニメ化や、「一般社団法人 日本クイズ協会」の設立が発表されるなど、にわかにクイズが熱を帯びてきました。今年は、当方が業務の一つとしている「クイズ」を取り巻く環境が少なからず変化する一年になることが予想されます。


 ユークレイル・エイトのクイズ業務は、「全国高校生金融経済クイズ選手権 ~ エコノミクス甲子園」のクイズシステム・プロデュースや、クイズ技術展「MasterQEE」の開催などがありますが、日本において「クイズで生計を立てるプロ」と言えば、いわゆるTVなどで活躍する放送作家の方がそれにあたります。

 そのため「特にTV関係の仕事がない当方が『クイズのプロ』を名乗るのはおこがましい」という判断から、これまでクイズ関連業務に関しては「セミプロ」の立場をとってきました。

 しかし、今年で開業から10周年を迎えるユークレイル・エイトの業務をこれからの10年に向けて考え直すにあたり、「クイズが変わる時期に、このままで果たして良いのか?」との思いが強くなりました。


 実は昨年、「MasterQEE」を開催したご縁のお仕事で、とある大型展示会に出展されたブースで使用する、クイズ解答用のタブレットシステムを制作させていただきました。

 私としては「エコノミクス甲子園」で培ってきたことの応用とは言え、一般のイベントで通用するのか不安だったのですが、結果的にはお客様に喜んでいただくことができ、この10年間の蓄積が内向きのモノではなくなり、広く外に出せるモノになっていることを確信することができました。


 それらの思いもあり、当方10周年のケジメとして、今までサブ扱いだったクイズ関連業務をメインに据えた形で、業務内容をリニューアルすることにしました。

 もちろんクイズ作家的なことは既存のプロの方には敵わないので、クイズで使うハードウェア・ソフトウェア開発、およびオペレーションを、小規模のイベントなどでも行えるお安い価格で提供できるのを強みとして。機械も含めてパッケージで用意できる、クイズ専門のイベンターみたいになれれば理想。


目標2:「新・ネットクイズシステム」を、ちゃんと公開する。

 上の項目にも関連するんですが、当方の新事業の一つとして、「自分が思う形」のネットクイズシステムを、未完成であっても公開までは漕ぎ着けたいと思っています。


 私が初めてネットクイズシステムを開発し、100人同時対戦対応のノンラグ早押しクイズ「B:Force」を開催したのが2002年のこと。

 あれから15年、最近はそれだけで1ジャンルとして成立しているほどネットクイズが隆盛ですが、個人が手軽に映像を含めたコンテンツを配信できる環境が整った中で、まだまだネットクイズは面白くできると、個人的には思っています。


 皆さんが気になっているであろう「どんなシステムなのか」は今の段階では伏せておきますけども、実は構想と開発自体は、もう5年以上続けてるんです……。とりあえず公開できるレベルにまで達したらちゃんと公開して、皆さんに使っていただくことで、システムとして育てていきたいと思っています。


目標3:婚活・出会いで4人以上と「次のステップ」まで進める。

 これまで、幾度となく書こうとして、未だに記事としてアップできた数がゼロのカテゴリーに「婚活・出会い」があります。


 実際、数年前から婚活・マッチングイベントの類いや出会いパーティなどにはいくらか参加してまして、さらに昨年からはマッチング系の有料アプリにも登録・課金しています。

 しかしながら、注ぎ込んだ金額は合計で6桁に到達しているのに、全っっっったく成果が出ないどころか、イベントに参加する数が増えれば増えるほど、悲しい思い出・イヤな思い出ばかりが増えていくという現実。


 実は昨年のクリスマスにはその辺の愚痴を書いて非リアな皆様の共感を得ようと思ってたんですが、書いてたら5000字を越えても完結できず、とりとめのカケラもないクソ文章になるという悪いクセ再び。

 さらに、読者の方の「頭脳王」解説記事への期待が大きくなったことで、そちらを優先していたら、クリスマスというアップ時期を完全に逃してしまいました。


 まあそれはいいんですけれども、要は6桁円もつぎ込んでるのに、リアルイベントではまともにコミュニケーション取れないし、マッチングアプリでは業者以外とはマッチングしたことがないという状態は如何なものかというね。

 とにかく今年は「次のステップ」、すなわちイベントやアプリの外で女の子と会えた、という状況まで持っていきたい。目標は4人以上。まあもちろん「お付き合いする」というレベルまで発展できれば1人でもいいんですけど。


おわりに

 本当は「月に2回以上、今まで行ったことのなかった場所に行く。」とか「週に一度以上、仕事と家庭以外の人と話す。」など、もっとたくさんあったんですけども、全部ダラダラ書いてたらまた内容薄いまま5000字に到達しそうだったので切り上げました。あ、「短いブログを書けるようになる」も追加しておこう。

 そしてここに書いた目標が達成できたかどうかは、今年の年末に検証記事を書きたいと思います。「クイズ☆正解は一年後」みたいにね(笑)。



 というわけで、今年も人生の復活パターンを追い求めながら世間を彷徨っていきますので、どうぞよろしくお願いします! 今回も最後までお付き合いいただき、ありがとうございました!