読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

復活パターンをさがしています

30代半ばで盛大に人生に躓いた北陸在住の個人事業主が、人生の復活パターンを求めて彷徨うブログ。

軽めの記事が書けない悩み。

 どうも。秋に入り、最近ちょっと忙しめの藤田です。私の仕事は波があって、春と夏過ぎから初秋にかけてはわりかしヒマなんですが、今からの季節が最も忙しくなります。


 さて、そういうわけではないんですが(そういうわけだったとしても言い訳にしかなりませんが)、ブログも2週間近くもサボってしまいました。月10記事以上は書きたいと思っていたのに、早くも頓挫です。またも放置フラグが立ってしまう。


どうして早くもサボるに至ったか

 何にも書いてなかったワケじゃないんです。

 この2週間でTLに上がってきていたタイムリーな話題に絡めて「自分なら有用な記事が書ける」と思ったネタがあり、数日かけてせっせと書いておりました。

 もう多分しばらく公開できないと思うのでネタをバラしてしまうと、「クリエイターがテレビ番組制作者に無茶な要求をされた場合の対処法」。こちらのまとめを読んだのがキッカケでした。

togetter.com


 私はテレビの制作側で働いていた経験があり、それを活かして「クリエイターの皆さんに自衛情報を提供できる」と思ったんですが、書いているうちにどんどん文章が膨張し、文字数が8000字を超えても書き上げられませんでした。

 そして、まとめが上がってから1週間ほど過ぎた頃に「収拾がつかない」と思い始め、結局タイムリーさが失われて、アップできるタイミングを逃してしまった次第。


遅筆のくせに超長文しか書けない病

 自分の作文スピードが遅いことは大いに自覚していて、以前からどうにか克服したいと考えていますが、むしろ年齢を重ねるにしたがって、どんどん筆が遅くなっている気がします。

 また、どうも私が書く記事は文章量が多くなってしまうネタが多く、それが今回のように極端かつ公開時期がカギになってくるネタだと、どうしてもタイムアップになってしまいます。


 1000字程度で軽めのネタが書ければいいんですけど、ネタは軽めでも、その1000字をムダに2000字、3000字に膨らませてしまう癖がどうしても抜けない。

 写真系のレポは文字数そのものは低めですが、写真の選定と加工の時間も含めると、1記事分を書き上げる時間としてそんなに変わらない。


 もうこれ、病気に近い気がします。


どうすれば軽めの記事が書けるのか?

 こう書いているだけでブログに向いてない気がしてきた(いや、向いてないのはモトから分かってるんです)けど、やっぱりアウトプットをしていきたい気持ちはあるので、ブログ自体は続けたい。どうやったら1000字程度の軽めの記事が書けるんだろう。

 その疑問を葬り去るために、まあ、ムリヤリな話ではありますが、ここで終われば1200字ちょっとなので、もう切り上げます!!



 コレも一つの答えだね。ともあれ、今回も最後までお付き合いいただき、ありがとうございました!