読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

復活パターンをさがしています

30代半ばで盛大に人生に躓いた北陸在住の個人事業主が、人生の復活パターンを求めて彷徨うブログ。

今年・2016年に発揮された自分の強運、TOP3を挙げてみる。

スピリチュアル 仕事論 思い出話

 どうも、人生流転中の藤田です。毎年、11月下旬から12月中旬にかけては仕事が立て込むのが恒例なんですけれども、今年も相変わらず立て込んで、ブログがなかなか書けません。ネタだけどんどんハラの中に溜まって、形にして放出できない状態は、まるで便秘のようでツライです。さっさとブリブリ出してしまいたい。


 ところで前回、こんな記事を書きました。


uq8.hateblo.jp


 記事終盤の叫びはともかく、人生の重要局面において自分の運が凄まじくいいのは事実です。ともすれば今年・2016年は、私にとって文句なしの人生の重要局面だったわけで、どれだけ強運が発揮されたんだろうと考えてみたんですが、やっぱり自分の運の強さに驚くような事例がいくつかありました。


 今回は、そんな強運発揮事例のうち、今年のベスト3を紹介してみたいと思います。「自分は運がいい」と言いまくると、運が良くなるらしいですし。スピリチュアルは、壷や印鑑を買わされないレベルで程よく信じておく主義。


第3位 謎の直感で高い買い物の発注ミスをリカバー!

 人生の流転が始まったことで、私は親から相続できるはずだった資産は全て、さらに私個人で所有していた財産も9割近くを失うこととなりましたが、今年はおかげさまで仕事が順調に続き、秋口には経済的にも少しだけ余裕が出てきました。


 そこで、昨年から考えていた大きな買い物をしてしまうことにしました。長年の夢だったオカムラのオフィスチェア、プログラマー御用達のイスと言われる「バロン」です。


www.okamura.co.jp


 実は昨年末に買うつもりで、東京のショウルームまで行って試座までして決めたんですが、発注直前に人生流転が始まったという経緯があります。大きな買い物と言っても金額は7万円程度ですが、現状の私にとって7万円は、充分ステージオブキヨミズからダイビングなプライスです。


 オカムラのオフィスチェアは、多くの商品がある上に、細かい仕様やカラーの違いで品番が延々と分かれており、注文するときは細心の注意を払わなければなりません。しかも発注はわずかな楽天ポイントも狙って、慣れない楽天スマホアプリから。その数日後には商品が届く予定でした。


 しかし翌日、なーんかイヤな予感がして改めてPCから昨日の発注を確認したところ、なんと品番が1文字違っており、欲しかったものとは仕様の違う商品が発注されていたのです。慌てて発注先に電話で連絡し、無事、正しい商品に換えてもらうことができました。


 自分のミスを自分でリカバーするという、端から見ればあまり意味のない状況ですが、届いてから青ざめては遅かったわけで、やはりなーんか感じたイヤな予感は正しかったんですね。こういう予感をちゃんと受け取れるのも、強運のなせるワザだと思っています。


 あ、この「バロン」については、後日改めてレビュー記事を書くつもりです。


第2位 仕事上のピンチも、妙にスイッと解決!

 今年は、私が人生流転に陥ったことを知った皆さんが方々から仕事をくださり、助けてくださいました。皆さんには本当に感謝しています。


 仕事が増えれば、比例して仕事上のピンチも増えますが、何故か今年は、その仕事上のピンチが致命的な状況に繋がることがほとんどなく、スイッと解決してしまうことが多かったです。一例を挙げると、

  • できるだけ早く届いて欲しい届き物が、発送から2日は確実に掛かるところ、何故か1日で届く。
  • 毎年冬のイベント用レンタル機材、売上ベースで昨年比62%アップ。
  • このイベント用レンタル機材が、初めて本格的な故障に見舞われる。修理には1ヶ月以上掛かるハズが、奇跡的に代替部品が確保してあったおかげで1週間弱で修理完了。


 特に三つめは本当に奇跡と言える状況で、たまたま代替部品が確保されていなければ、金銭的な大損害が出るどころか、責任問題にも発展するところでした。このようなピンチをあっさり回避できてしまったのも、やはり運の良さだと思います。


第1位 途方に暮れていた時に偶然再会した高校時代の友人、そして……!

 正直、上の3位と2位は、この1位を書くための前座です。今年発揮された強運でブッちぎりのトップは「偶然、高校時代の友人と再会できたこと」です。


 春先の3月。人生流転が始まってしばらく経った後でほとんど仕事がなく(そもそも私は毎年4~6月の仕事が極端に少ない)、これから数ヶ月どうやって食べていこうか、途方に暮れていました。


 そんな中、突然懐かしい人物からスマホに着信がありました。高校時代、3年間同じクラスだった友人で、今は大阪で活躍している敏腕SE。少し前まで年イチぐらいで会っていたんですが、ここ数年はお互いの近況をFacebookで知ったり年賀状のやりとりをする程度で、実際声を聞くのは5年ぶりです。


 聞けばその友人、なんと奥様と子どもさんを連れて地元に帰ってきたそうで、春から実家暮らしを始めたとのこと。しかも大阪で勤めていた会社を辞めていたわけではなく、そのままその会社の福井拠点を設立し、任されることになったと言うではありませんか。しかもその拠点の場所が、ウチの事務所から自転車で5分という超ご近所!!


 運命めいたものと言うか、まさに渡りに船な自分の超強運に若干の気持ち悪さを感じながら(笑)、昨年末から自分の人生が流転していることを話すと、友人は驚いたようでしたが「とにかく会って話そう」ということに。そのまま自転車で福井拠点に向かい、5年ぶりに再会、積もる話と、自分の現状を話しました。


 そこからの展開は早く、本社の社長さんと会って話す機会を作ってくれ、福井拠点の外部技術者として使っていただけることとなり、現在は週2~3日のペースで拠点に出勤しています。正直、こういった会社組織の中でシステム開発をした経験がなく迷惑を掛けっぱなしですが(何度かヤバめのミスを放り込んでしまった)、それでも仕事を振ってくださった友人と社長さんには、本当に感謝してもしきれません。


まとめ

 本当に第1位に関しては、まるでデウス・エクス・マキナのようにそのとき縺れ絡んでいた諸問題がいくつも同時解決する結果となり、人生の重大局面での強運が云々というよりも、亡くなった母が守ってくれているのだと感じずにはいられませんでした。


 今日・12月16日で、その母が突然倒れ、人生が流転し始めてから1年が経ちます。


 この1年は本当に試練の連続でしたが、それでも今、こうして生きていられるのは、私を助けて下さった皆さんと、私を守ってくれたスピリチュアル的存在と信じ、今日は静かに手を合わせたいと思います。


 今回も最後までお付き合いいただき、ありがとうございました!