復活パターンをさがしています

30代半ばで盛大に人生に躓いた北陸在住の個人事業主が、人生の復活パターンを求めて彷徨うブログ。

街には大型書店がなきゃ、Amazonだけじゃダメなんだ。でもね……

 先週金曜日、仕事で東京に行ってきた。

 いつもは高速バスで越前-東京間を往復するのだが、今回は別件とのスケジュールの兼ね合いで高速バスに乗れずクライアントさんに相談したところ、「新幹線で来ていいよ」と言われたので、ありがたくお言葉に甘えることにした。

「普段は高速バス? 新幹線代もケチるとか、そのクライアントどんだけブラックだよ」と言われることもあるが、これは県外のクライアントさん全てに私から提案していることだ。越前の片田舎のフリーランスが遠方の相手先に気に入られるには、こういうところで「使いやすいヤツ」をアピる必要があると思っている。もちろん、ナメられない程度にバランス取って、ではあるが。


 さて、新幹線での往復となると高速バスに比べて体力面と、何より時間の使い方を気にせずに済むので、金曜の仕事後は都内で一泊し、翌土曜日は東京で一日遊ぶことにした。

 田舎民が「東京で遊ぶ」と言うと聞こえがチャラいが、私の場合ハメを外すようなことは一切なく(そんな甲斐性も度胸もねェよ悪かったな)、基本「福井にない規模のお店巡り」がメインとなる。

 だいたい、大型家電量販店か、大型書店か、大型ホームセンター。そして今回は、その中でも大型書店について。


福井には大型書店が無いといふ

 「東京でお店巡り」と言っても、だいたい行く店は決まっていて、ほぼ確実に行くのがヨドバシAkibaとその上にある有隣堂。そして大型書店としては、紀伊國屋の新宿本店や池袋ジュンク堂、そして八重洲のブックセンター。

 私が大型書店に求めるのは、新しい本との出会いだ。特にコンピュータ書やビジネス書については、ネットで検索するよりも、本屋で新刊を知り、中身をちゃんと確かめて、初めて買うかどうかが判断できる。

 この「新刊を知る」ことと、その時点での自分に必要かどうか「中身を確認する」こと。この2点が本を買う上で最も重要だと私は思っているし、何だかんだ、まだネット書店では完璧には実現できていない部分だと思っている。


 コンピュータ書に限ると、実はかつて「cbook24.com」というコンピュータ書専門の通販サイトがあって、そのトップページにコンピュータ書の新刊が無差別で大量に掲載されており、かなり愛用させていただいた。

 しかし2009年にリニューアル名目でよく分からないアフィリエイトサイトに変容したと思ったら、そのまま事実上閉鎖してしまった(現在はドメインだけ残っている様子)。

 当時、私は既に福井に戻ってきており、コンピューター書の新刊をチェックする機会が失われたと、真剣に悲しかった記憶がある。


 ここまで読むと「福井にも本屋はあるんだから行けばいいじゃん」と思われるかも知れない。確かに、規模としては都市部の大型書店に及ばないまでも、それなりに大きい書店はいくつかある。

 だが、福井の書店で「コンピュータ書の新刊チェック」ができるのかと言うと、これはかなり厳しいと言わざるを得ない。


福井でコンピュータ書の新刊チェックが難しい理由

 福井には「勝木書店」という、県内最大の書店チェーンがある。

www.katsuki-books.jp

 普段、私も近場のチェーン店舗にはよく行くし、それなりにお世話になっているのだが、この勝木書店、チェーン全体の特徴として、あんまりコンピューター書に力が入っていないなと、個人的に思っている。

 その本屋が特定ジャンルの書籍に強いかどうかを判断する基準として「そのジャンルの商品陳列を見る」というテクニックがある。

 勝木書店の場合、C++C#の本が一緒くたになって並んでいたり、特に古典の名著でもない10年以上前のWeb制作の解説書がそのまま置いてあったり、10月半ばを過ぎたこの時期になると、ただでさえ少ない棚の大半が年賀状作成系のムックで埋められるなど、お世辞にも「分かってるな」とは言えない状態の店舗が多い。

 あと、もちろんビジネスなので「その地域でよく売れる本」を多く並べるのは当然なのだが、土地柄、コンピュータ書、それもそれなりに専門性の高い本はほぼ売れないのだろう。勝木書店に限らず、福井県内の書店は都市部の大型書店に比べて、コンピュータ書の棚の割合がかなり少ないように思う。


 それでも、以前は頑張って専門書を入れてくれていた書店もあったんだが、そういうお店はこの10年でことごとく閉店、あるいはコーナーごと大幅縮小されている。

 となれば当然、コンピューター書の新刊が無差別に入るなんてことはなく、私がそれを探しにいくこともできないわけだ。


そして、Amazonで買う

 今は東京を始めとした都市部に行く機会が年に7~8回はあるので、地元で新刊チェックができなくても、それほど不自由してはいない。しかし、東京の大型書店と東急ハンズについては、毎回行く度に「なんで福井にはこういうお店がないんだろう」と悲しくなってしまう。

 それから、大型書店で新しい本との運命の出会いを果たしたとしても、私はよほどの一目惚れでなければその場では買わず、最終的にはAmazon楽天ブックスで注文している。

 ポイント狙いの部分もあるが、それ以上にネット書店を応援することで、先に述べた「何だかんだネット書店ではまだ実現できていない部分」を実現して欲しいと思っているから。

 「そんなことしてたら、ますます地元の書店が廃れるよ」と言われるだろうが、なまじ都会に住んでいた経験を持って田舎で暮らしていると、この先10年、20年経っても、この差は決して埋まらないことを、ヒシヒシと感じてしまう。

 だからこそ、せめてその地域差をネットが埋めてくれるなら、という期待も込めて、私はネットにお金を落としていくのだ。



 また2500字越えの長文になっちゃったなー。今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました!

37才になったその日に考える、これからもブログを続けていくための方法。

また2ヶ月以上ブログを空けてしまった。この間(8~9月)もいろいろあったのだが、何一つ文章として形に残せていない。

ついでに言うと、実はブログとは別に日々の記録を残しておく日誌があるのだが(公開はしてない)、それすらここ半年、毎日は書けていない状況。

そしてこのブログも9月23日で1周年を迎え、さらに言うと自分自身も今日、10月8日で37才になった。

なんか毎日「今日はブログ書くぞ!」と思いながら毎日過ごしながら結局書けず、さすがに自分の誕生日にも書けないってのはさすがにどうかと思ったので、今「SASUKE 2017 秋」を視ながらこれを書いている。

5月頃からブログを書くことに限らず、あらゆる「やりたいこと」に対して「やりたい」って気持ちはあるんだけど手がつけられない状態が続いている。「モチベーションが沸かない」とも違う、なんか作業に入っていけない感じ。なんなんだろうなー。

ネタそのものはいろいろあって、本当に「後は形にするだけ」の状態なんだけども。

なんて言い訳してるクリエイターに限って何もできずに終わると思ってるけど、自分が今そうなっちゃってる自覚があるのがすげえ辛い。

書き方に続き、ブログの運用方針を変えてみようと思う。

4月にブログの文調を「ですます調」から「だである調」に変え、文章の書きやすさが改善されたことは事実で、圧倒的に捨てる文章を書いてしまう量は少なくなった。


uq8.hateblo.jp


しかしこれ以降、記事を上げる頻度は増えるどころか減っている。

理想としては毎日1記事アップするのが目標ではあるのだが、ブログの書き方を変えた4月からの半年の間で、アップした記事はたった6記事。毎日どころか、月一ペース(しかも2ヶ月空いたり2日連続だったりして不安定)にしかなっていない。

これを改善するには、「なんとかがんばらねば」的な抽象的精神論ではなく、何か具体的な対策を取る方法があると思い、いろいろ考えてみた。その結果、そもそもこのブログの「運用方針」を、以下の3点で変えてみよう、という結論に達した。

●「できれば毎日書く」→「週1必ず書く」に。

最近、こんな本を読んだ。

小さな習慣

小さな習慣

この本によれば、成し遂げたい目標は、絶対に達成できる大きさまで分解し(読書なら「1ページ読む」とか、筋トレなら「腕立て伏せ5回」とか」)、その達成を積み重ねていけば成功体験が蓄積されて習慣化できるらしい。例えばブログなら「1センテンスだけ書く」というところだろうか。

確かに、今までに私が立てる「目標」と言えば凄まじく大きく、かつ漠然としてしまい(例「クイズシステムを作る」「所持データをすべて整理する」「映像ライブラリを構築する」などなど)、ゴールどころか、その過程すら見えず、行き当たりばったりになってしまうものばかりだった。

それに加えて現状では、「目標が達成できない」ことに対するクセがついたことで、「リストアップしたやるべきことができないこと」に慣れてしまい、毎日のToDoリストがほとんど意味を成さなくなっている。

そんな自分に、ブログを「できれば毎日書く」という目標を課すのは、「毎日」という重さと「できれば」という曖昧さが重なった、最悪の目標だったと言っていい。

なのでこれからは、「毎週1本(7日に1本)」のペースで、しかも「必ず」書く、ということを、一度徹底させてみたいと思う。もちろん、このペースを上回るのもアリではあるが、下回るのはナシで。

●書くテーマ(カテゴリ)を絞る。

フリーランスの世界には「『何でもできます!』は何もできないのと同義」という言葉がある。それと同じで、このブログも取り扱う幅が広すぎて「何でも書ける」状況になっている。記事数は30を越えた程度なのに、カテゴリ数が現在28ってのは、さすがにおかしい。

当方のようないわゆる「雑記ブログ」が、ブログとしてちゃんと読まれるのは難しいという話をよく聞く。特定の読者をちゃんと掴むようにするためにも、「何でも書ける」よりは本当にいくつかのカテゴリに絞って書いていく方が、短い文章でアップできる記事を書くのにも良いかもしれない。

というわけで、ひとまず書く内容を絞ることにしたのだが、どう絞るかは、追々考えていきたい(ホントはもうある程度考えてはあるんだけど、それも書き出すとすげえ長くなるので別記事にした方がお得)。

●表示を装飾しない。

実はこのブログ、書いてからも結構、装飾するのに時間掛けてたりするのだが、最近いろんなブログを読んでも、赤文字と、強調、そしてテキストリンク以外の装飾はほとんど見かけない。文字の大きさを変えたりにしたり、というのは、どうやら今、流行らないらしい。

というわけで基本、装飾は最低限の赤文字強調のみにしようと思う。これだけでも、記事を書き終えてからのアップするまでに数十分は短縮できるのでね。



というわけで、一旦こんな感じで3方針を立ててみた。もちろん、やってくうちに増えたり、変更したりすることがあるだろうと思うが、ひとまずこれで週1ペースを維持していけるかどうか、ぜひ見守っていただければと。


今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました!

人生流転に一区切りがつく、この8月。

 どうも。今抱えている複数のプロジェクトのうち、少なくとも3つの見通しが付くまではドラクエXIを買わないと決めている藤田です。



 前(5月23日)に書いたmixi日記からのリライト、やはり対象記事を厳選しただけあって、ものすごく評判が良かった(読んだ友人からわざわざ電話がかかってくるほどだった)。

 にもかかわらずPVはまった全く伸びなかったため、何故かを検証したのだが、記事が書けた瞬間すぐに不用意にも公開してしまい、昼過ぎのアップになってしまったことが原因のようだ。「記事を公開する時間帯も大事」ということも学んだ5月末。


 そしてそれから2ヶ月以上もブログも放ったらかしてしまった。メッチャ自信のあった記事が伸びなかったのがショックだったわけではなく、夏場に差し掛かったあたりからブログが書けるほど精神的な余裕がなくなる出来事がいろいろあり、ブログのネタも浮かんでは消え、旬が過ぎ去ってしまう状態が延々と続いていた。

 浮かんで消えたネタとしては、アニメ「けものフレンズ」に珍しくどっぷりハマってしまい各種イベントに行ったこととか、高校生クイズ2017・全国一斉スマホ大会を観戦しに沖縄まで出向いたこととか、その帰りに初めて「飛行機の出発が数時間遅れる」という経験をしたりとか。でもまあ、これらはまだレポートの体で書けそうな雰囲気はあるけども。



 さらに「精神的に余裕がなくな」っていた大きな原因の一つと言えるのが、人生流転が始まってから1年半、その象徴とも言える「実家建物が人の手に渡る」がついに実行されたことだ。


 今は実家建物(以下「旧実家」)には住んでおらず、事務所兼自宅が確保されているので住むこと自体に困ることはないが、それでも35年以上住み続けた旧実家が、自分の意思ではない他人の手によって強制的に徴収・排除される事実は、自分の中に落とし込んでいるとは言え、未だに100%納得できてはいない。


 加えて、旧実家は築70年、田舎特有のかなり大きな家であり、中のモノを整理するには私や妹だけでは足りず、多くの方の手を借りることになった。それでも移動先のキャパシティ的に、数多の思い出の品を処分しなければならないのは、大変ツラいものがある。もちろん亡くなった父や母の品に関しては、心情的にその全てを保存しておきたかったのだが、それも叶わなかった。



 そんなわけで7月中は、仕事の合間に時間を見つけては旧実家に向かい、エアコンもつけられない状況で汗と涙にまみれながら、最後の移動作業をおこない、とりあえず納得できるレベルまで、各種の品物を確保することができた。


 この作業をしている時は「自分は不幸である」という認識に支配されていたけれども、7月上旬に九州北部で発生した豪雨災害のニュースを見て、ある日突然、自然災害に全てを奪われるのに比べたら、法的な形で、こうやって必要なモノを確保しておける猶予があるのは、逆に幸せなのかなとも思ってみたり。


 もちろん、法的な形でこうなるように仕向けた人間たちを許すことはできないけどね。


 と言うわけで、人生流転もこれで大きく一区切り付くので、今後チョイチョイと、今回の人生流転の真相、と言うか、告発、と言うか、当事者の方々に訴えられない範囲で書いていきたいと思います。金融機関の狡猾さから、如何に自分【だけ】が身を守ろうとしてもムダであることをね。お楽しみに。


 今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました!